こんな方たちへ

小児予防矯正に力を入れている歯科医院・スタッフ様
歯科の分野から子供の発達・発育に貢献したい
歯科でできることを増やしたい 
矯正治療の内容を拡大したい
サービスの質を向上したい
スタッフの育成に力を入れたい 
実践的な技術や知識を身に着けたい
口腔と身体のつながりの重要性を感じているが どう取り入れていいか分からない
健康に生きる人をもっと増やしたい
子供たちを指導する能力が欲しい
子どもたちの明るい未来のために貢献したい
姿勢・口腔の知識をサービスに取り入れたい整体業(理学療法士・柔道整復師・整体師など)の方

まずはコチラをご覧ください
動画で分かる軸育士(9分)

《内容》
⑴軸育士とは?
⑵軸育士で学べる事/講座の様子
⑶軸育士になってできること/どんな人が受講しているか
⑷NFT(口腔機能療法)への取り組みを助けるプログラム
⑸体験者の声

口腔機能学発生学に元づいた体軸理論 軸育士取得講座で医院に姿勢指導を取り入れませんか?

軸育士体験講座

まずはコチラからご参加ください
体験講座に申し込む

歯科から生まれた歯科専門の姿勢指導員

軸育士は、歯科医師から生まれた姿勢と身体の土台をつくるプログラムです。口腔予防の重要性が広まりつつある現代において、小児予防歯科にとって今後必ず必要となる新たな役職と言えます。現場に理学療法士がいなくても、軸育士がいるだけで、口腔育成から姿勢指導までを一貫してサービス提供することができ、歯科の新たな可能性を広げます。

各分野のプロフェッショナルが開発・サポート

軸育士は、歯科医師、理学療法士、保育士、発達障害特別支援士など、口腔・身体・子供の教育の各分野のプロフェッショナルが共同で開発したプログラムです。現場では現役軸育士兼理学療法士の指導が受けられるほか、口腔や教育とのつながりを学ぶことで歯科の現場において新たな価値提供を図ることができます。

「赤ちゃんの発達13段階Ⓡ」を採用した体軸指導

赤ちゃんが生まれて身体が育つまでの間に不十分なまま育ってしまった筋肉発達の過程を辿ることで体軸をつくる体軸理論「赤ちゃんの発達13段階Ⓡ」を取り入れた指導を行います。発生学、解剖学を取り入れた本格的かつ子供たちにも取り組みやすいトレーニングメニューとしてプログラムされています。

軸育士を導入することで医院内で本格的な姿勢指導ができるようになります

正しい姿勢の評価が出来るようになります
姿勢が崩れる根本的な原因を発生学の視点から理解できます
評価だけでなく適切な姿勢修正の指導ができます
口腔育成と姿勢修正の専門家として活躍できます
子供から高齢者まで指導できるスキルが身につきます
アシストスタッフによる新たな価値提供ができます
SHISEIアカデミーという軸育士による姿勢教室を運営できることができます

軸育士導入の5大メリット

❶子どもの健康づくりに大きく貢献

❷サービスの質の向上

❸スタッフの人材育成になる

❹アシスタントの新たな役職サービスとして利益に繋がる

❺他院との差別化が図れる

<対 象>小児歯科クリニック

「軸育士」のプログラムを正式に施設導入することができます。
《導入の流れ》
「軸育士取得講座ライト」より必要事項を入力しお申し込みください。
講座の体験と共に本講座のご案内もさせていただきます。詳細をご確認の上、順次申し込み手続きをさせていただきます。
質疑応答もございます。ライト講座を受講するだけでも軸育士のエッセンスが詰まっておりますので、少しでも興味のある方はぜひご参加ください。
《導入・研修開始》
軸育士導入における研修は、施設の職員のみを対象とし、対象スタッフに「軸育士」の資格を取得させることができます。医院様の団体研修は時間調整の上、現地での直接指導が可能です。また、施設の中で具体的に軸育士プログラムを施設の現状を踏まえ、どのように導入していけば良いかのサポートも同時に行なわせていただきます。

軸育士体験講座

体験講座に申し込む

子供たちの姿勢が崩れていることを知っていますか?

外遊びが減って筋力が低下している…
習い事の時間が増え長時間座っていることが増えた
子育ての利便性が増したことで、必要な発育を飛ばしてしまう子供が増えた
学校で集中して座っていられない…
口腔筋機能の低下による口呼吸の増加…

現代の子供たちの口呼吸と、姿勢の悪化は、社会問題になりつつあります。


文部科学省が毎年行っている「体力・運動能力調査」によると、子どもたちの体力・運動能力は、1980年代をピークに低下傾向にあるとされます
外で体を動かす機会も減り、今姿勢を支えられない子供が増えているという事実を知っていますか?

歯科業界でも口腔機能の低下、口呼吸の増加からくる姿勢の崩れが常識となってきています。口腔機能と姿勢は実は切っても切れない関係にあります。この分野を専門的に評価、修正ができるのが軸育士です。メディアも姿勢に注目してきています。今後100年時代をむかえて最も必要とされる専門性だといえます。軸育士は未来を担う子供たちの体を創る仕事です。

 

予防矯正・親子教室で「姿勢」が気になっている歯科医師、歯科衛生士さんへ

子どもの口が弱っている??

軸育士は愛知県のある歯科医院で生まれました。歯並びで悩む子ども達の多くが「口腔筋機能が低下」していると言われています。
口を閉じる筋力、舌ベロを動かす筋力、お口の筋力が低下しているということです。
歯並びが悪くなる原因のひとつとして、こうした口腔筋機能の低下が言われています。

年齢と共に起きるお口の問題

誤嚥性肺炎や、睡眠時無呼吸症候群、さらには咀嚼嚥下の機能の衰え、40代以降に徐々に口腔の問題を抱えていきます。お口の健康を損ねると「食べる楽しみ」「コミュニケーション」といった生きる活力になる部分にも大きな影響が起きます。軸育士の指導は、オーラルフレイルの予防や、高齢者の指導にも対応できる幅広いスキルになります。

舌の使い方と体軸

姿勢が崩れていることで、歯並びの治療にも影響が出ることは歯科業界では一般的に言われています。舌の筋力を向上させることと、正しい姿勢を身に付ける事は相関関係がある。

実は口腔機能と姿勢は密接な関係にあることはまだまだ一般的には知られておりません。舌の筋力が筋膜のつながりを通じて、姿勢筋と大きく関わりあっていることで、姿勢の修正には舌の筋力向上が必須というメソッドとお伝えします。何故、人間が立ち上がる、食べるという機能を持ちえたか?を知ることで姿勢修正のスキルが向上します。

口腔育成なくして姿勢改善無し!

軸育士の強みは歯科学を知ること、口腔育成の方法を知り実際に指導できることだと考えています。
発生学の観点からも舌は体軸であるということから、姿勢修正に口腔育成は必須となります。

軸育士は、今まで歯科業界が届かなかった姿勢と体の知識とスキル
治療家やトレーナーが得られなかった口腔の知識とスキル

口腔育成×姿勢トレーニング

を初めて取り入れた画期的な資格です。これからの時代の健康を守るために最も注目されるスキルです。

受講生の声

お口ポカーン率を減らしたい!

宗清麻衣 様 40代 歯科衛生士
口と体は繋がっているって分かっていましたが、実際に受講して結びつきました。お口ポカーンの子供が増えてるので、お口ポカーンの子にみんな受講してもらいたいです。自分の教室を開いて、田原市のお口ポカーン率が下げたいと思っています。

体が土台なんだということを、何十年も生きてきて身をもって実感できました。

野々部佳織 様 40代 口育士
お口のことに関しては自信がありましたが、口が体と繋がっていて、体が土台なんだということを、何十年も生きてきてここでやっと身をもって実感できました。自分の身体にコンプレックスがあったり、家族でそういう人がいる場合はぜひ受けてもらいたいと思います。自分の命を支える身体を知る上でもとても有用な講座だと思います。これからは自分の仕事にうまくドッキングさせて、患者様やお客様に伝えていこうと思います。できるだけ広い年代に、お母様、お子様、ご高齢の方だったり、その方にあった伝え方をしていきたい。それから自分たちの家族を守るために生活にも生かして、大切な自分の人生の土台を築いていきたいです。

軸育師として姿勢の大切さを伝えていきたい

夏目聖也 様 20代 柔道整復師(現在歯科でも実際に姿勢指導を行っている)
身体のことは専門で、逆に歯科のことが分からなかったので不安でしたが、とても細かく教えてもらえて分かりやすくて安心できました。
身体のことは分かっている気でしたが、再復習もでき、理学療法士の姿勢分析も聞けて、これから役立てることができてよかったです。
これからは、全世代を見て子供でも大人でも共通することがあるので、そこをしっかり分析して軸育師として伝えていけたらと思います。

理学療法士、歯科医師の先生、幼稚園の先生、それぞれの専門家のサポートが心強かった

田中美有 様 20代 理学療法士
姿勢については仕事の延長戦だったの自身があったが、口のことについては子供との遊びを結びつけの運動指導は学んだことがなかったので不安でいっぱいでした。経験者の方々、理学療法士、歯科医師の先生、幼稚園の先生もサポートに入ってもらっていたので、分からないことはすぐに聞けて理解を深めることができました。全ての、自分のお子さんだったり、姿勢が悪い人が周りにいる人にはおすすめしたいです。整形外科に来てくれる親御さん、お子さん、そこから、その友達に広めていけたらと思います。

周囲の人、若い子を中心に姿勢を改善していきたい

林明音 20代 理学療法士
身近の友達とか待ちゆく若い子の姿勢の悪さが目についてもっとよくしたいと思って受講しました。最初は子どもの知識がなかったのでそのあたりが不安でしたが、とても丁寧に教えていただきました。生まれたときからの成長が、あとあと自分の姿勢にもすごく影響があることを痛感しました。
自分の姿勢が悪いと感じてる方、それを伝えたい人に受講していただいて、それを広めていってほしいです。今の患者さんや、友達、未来で今後働く環境で若い子を中心に姿勢を改善していきたいと思っています。

体全体のことが発育を通して学べたことでイメージしやすくてすごく良かったです。

橳島由美子 様 40代 整体師

受講前は、座学が苦手で、歯科のこと知らないので、理解できるのかな?やりとげられるのか?不安でしたが、実際に受けるとイメージしやすくてすごく分かりやすかったです。施術だけでは一時的なので、それを維持していく上で、姿勢の大切さを今までより一層お伝えするしていきたいと思っています。

顧問歯科医師
軸育士取得講座を顧問・監修してくださっている歯科医の先生をご紹介します

歯科医プロフィール

徳倉 圭 (とくらけい) 歯科医師
医療法人社団PLVS VLTRA 理事長
徳倉歯科口腔外科・矯正歯科 院長
日本矯正歯科学会 認定医
日本老年歯科学会 認定医

歯科医プロフィール

田中文治 (たなかふみはる) 歯科医師
医療法人使誠会 理事長
SHISEIアカデミー顧問
小児予防矯正に特化したクリニックにて多くの子ども達の矯正相談、治療に関わり、歯列矯正には姿勢修正が必須との想いから院内で姿勢教室を始める

講師紹介 軸育士取得講座の代表講師を紹介します。

講師プロフィール

堀尾 麻衣 (ほりおまい) 赤ちゃんの発達13段階 考案者
発達障碍特別支援士・保育士・幼稚園教諭
THDC合同会社代表
歯科医院にて100名以上の子どもたちの身体と歯並びをカウンセリング行い、使命として、もっと多くの人に歯科の大切さや素晴らしさを伝えたいという想いから「歯科と親子を繋ぐ架け橋になる」という理念を掲げ事業を展開しております。

講師プロフィール

横山三純 (よこやまみすみ) 理学療法士
SHISEIアカデミーマスタートレーナー
THDC合同会社 副代表
プールリハビリや理学療法士専門学校での教員経験を経て独立。3歳から100歳までのリハビリからトレーニングを行ってきた。軸育士取得講座の基本理論を監修。

講師プロフィール

野崎景子 (のざきけいこ) 足管理士
足管理士1級
足反射研究会創立メンバー
足と骨格、姿勢と歩き方を改善する方法を通し、13年にわたり、フットケアとウォーキング指導を実施。4千人の体バランスを整えるサポートを行っている。

軸育士取得講座
日程とコース内容

《期間》3か月間
・リアル講座受講 計3回
・オンライン受講 計11回

《3か月で学べるカリキュラム》

・オリエンテーション・会社概念・理念・軸育士全体の流れ
・進化論
・年齢別でみる足の特徴・子供の靴の選び方
・適切な口腔育成・口腔の正常と異常
・構音の誤りと口腔の癖
・姿勢評価のパターンと動作分析に必要な筋肉
・表情筋の評価
・プロ論
・保育論 リアル会場開催
・姿勢評価方法
・赤ちゃんの発達と口腔の関わり
・赤ちゃんの発達13段階実技
・赤ちゃんの発達13段階実技・修正指導法
・コミュニケーション術
・集団指導の実際 MFTの集団プログラム
・教室理念
・MFT
・カウンセリングの技術
・赤ちゃんカウンセリング方法
・赤ちゃんカウンセリングロールプレイ
・足の役割・解剖学・足からみる評価
・実技テスト

軸育士体験講座

体験講座に申し込む